研修・宿泊施設、大ホール、体育館、キャンプ場のご案内

トピックス

山県流石積み、再認識の10月講座2015/10/25

紅葉の杉の泊ホビーフィールドにて、
10月の石垣づくり講座が開催されました。

今月の講座は「石垣普請」の著者でもある、
石川県金沢城調査研究所名誉所長の
北垣聰一郎先生が地元山県流石積みの調査として
特別ゲスト参加となりました。

全国各地の石垣を研究され、
現場での修復作業も指導されている大御所です。
天空の城として有名になった、
「竹田城」の維持管理にもアドバイスされています。

今回は特に、下関にある「勝山館(かつやまやかた)」の石垣が、
山県流から来ているとのことで、
その検証に来町されたものです。
この勝山館は幕末の頃に政府から逃れるために、
館(やかた)という名を使った城なのだそうです。
その石垣が我らが山県流の石積みであるようなのです。

CA398615.jpgCA398620.jpg

残念ながら今回受講生の皆さんは、
秋の行楽シーズンなのかお忙しく、
参加者が少ない中での作業となりました。

町内の香草(かぐさ)地区にある石垣にご案内すると、
これは大変貴重なもので、史跡にするべきと、
大いに感動を受けられたようです。
地元に住んでいると何気ない風物が、
大きな宝だったりするものです。

また、食事中も話が尽きません。
我らが社長が大きな石を運ぶ方法をさり気なく話されたことにも、
当時として巨岩を運ぶ技術も大変貴重であると、
目を輝かせておられました。

CA398624.jpgCA398612.jpg

夜は少人数で鍋を囲みながら、
楽しくも勉強になるお話を伺えました。
後日、山県流石積みについてのレポートを送ってくださるとのことで、
それも大変楽しみです。

来月はいよいよ今年最後の講座で、
現在作成中の石灯篭もほぼ天場まで完成となりそうです。
美しい紅葉をバックにして、
しずかな作業がゆったりと続いていました。

CA398628.jpgCA398629.jpg